アチアラの秘密

ムン・グニョン「火の女神ジョンイ」

ユク・ソンジェ(BTOB)

オン・ジュワン「パンチ」

シン・ウンギョン「スキャンダル」

チャン・ヒジン「夜を歩く士〈ゾンビ〉」

脚本:ト・ヒョンジョン / 演出:イ・ヨンシク「イルジメ[一枝梅]」「大風水」

怨恨殺人?連続殺人?白骨死体が語る謎の事件!果たしてその真相は?

町全体がまるでひとつの家族のように、隠し事など存在し得ない小さな町、アチアラ。犯罪のない町にも選ばれた、平和過ぎて退屈な場所。住民は皆この町で生まれ育ち、決してよそ者を受け入れない。そんなアチアラに波紋を起こした白骨死体。カナダからやって来たよそ者、ソユンが発見したその死体が、それまで巧妙に隠されていた人々の秘密を薄皮をはがすように一枚一枚暴いていく。やがて死体の身元は2年前に突然姿を消した絵画教室の講師、ヘジンだと判明。だが、失踪当時、なぜ誰も彼女を探そうとしなかったのか?町の権力者チャンゴンとの不倫が発覚し、夫人のジスクとつかみ合いのケンカをしたのは誰もが知っている事実だった。ジスクの娘ユナはヘジンの教え子であり、彼女に懐いていたはず。誰が真実を語っているのか?誰も真実を語っていないのか?調査を進めるソユンにも危険が迫る!自分をこの町に導いたのは誰?謎が謎を呼ぶ息詰まる展開に、途中リタイアはありえない!

BTOBソンジェ×ムン・グニョン×オン・ジュワン 三角関係?協力関係?

天才子役として騒がれたムン・グニョン!今や押しも押されもしない立派な演技派女優だ。そんな彼女が今回挑んだのは、死んだはずの姉に導かれて閉鎖的な町にやって来る英語教師ソユン。ホラータッチで始まるものの、実はその裏に悲しい家族の過去が隠されているというヒューマンミステリーだ。彼女を支えるのは、刑事ドラマに憧れる、元気だけが取り柄のアチアラ派出所の警察官ウジェ、そしてアチアラの権力者ソ・チャンゴンの息子でソユンが働く学校のイケメン理事長ギヒョン。派出所勤務とバカにされながら、先輩警察官と捜査に張り切るウジェを演じるのはBTOBのソンジェ。ソユンへの淡い想いと若さで突っ走る姿が初々しく、ミステリードラマに清涼感を与えている。BTOBメンバーの応援カメオ出演にも注目!対するオン・ジュワンが演じるのは複雑な家庭環境と閉鎖的な町に苦悩するギヒョン。「剣と花」で見せた欲望と劣等感の入り混じった宝蔵(ポジャン)王の苦悩とはまた一味違う、孤独なキャラクターを存在感たっぷりに演じてみせた。この3人の微妙な三角関係、いや協力関係が、絡み合った謎を次第に解していく。

小さな「町」の怪しすぎる住民たち ―― 犯人は彼らの中に?

小さな池を意味する「アチアラ」という名の町――。閉ざされた小さなその町では何も起こらない。ケンカも失踪も犯罪も。もちろん殺人事件などもっての外。純真なはずのアチアラの住民たちが小さな町を守るため、口を閉ざしているのは一体なぜ?事件との関与を疑われる怪しい人物を検証してみよう。

  • 見つかった白骨死体を事故死として処理しようとするアチアラの権力者チャンゴンと彼の美しい後妻ジスク。失踪した絵画教室の美人講師ヘジンはチャンゴンの愛人だった。ヘジンとジスクはチャンゴンを巡って、つかみ合いの激しいケンカを人々に見られていた。
  • ジスクの妹ジュヒと恋人ゴヌ。ジスクの妹で薬剤師のジュヒは虎視眈々とチャンゴンの財産を狙っていた。チャンゴンを脅し、チャンゴンの息子ギヒョンが理事長を務める学校を自分のものにしようと企んでいた。果たして脅しのネタとは?そして年下の恋人ゴヌの役割は?
  • 女装のピルソン。別名、お嬢。女装癖のあるピルソンは町で「お嬢」と呼ばれ、厄介者扱いを受けていた。ヘジンの写真をコレクションする彼の正体は単なる変質者なのか?それとも…!?

Story

両親と姉を事故で失い、カナダの祖母に引き取られたソユン(ムン・グニョン)。その祖母の死後、彼女は遺品の中からアチアラという地名のみが記された封筒を見つける。封筒の中には両親と姉、そして自分までもが事故で死亡したという新聞記事が入っていた。突き動かされるようにアチアラにやって来たソユン。だが英語教師として赴任早々、白骨死体を発見し、静かな町を騒然とさせてしまう。住民たちは死体を2年前に忽然と姿を消した絵画教室の講師ヘジン(チャン・ヒジン)ではないかと噂する。一方、新聞記事を頼りに事故のことを調べていたソユンは姉のソジョンも一命を取り留めたという事実をつかむが、その行方は杳として知れない。アチアラ派出所勤務の若き警察官ウジェ(ユク・ソンジェ)は退屈な町で起きた白骨死体事件の解決とソユンの姉探しに張り切っていた。そんな中、白骨死体は住民の予想通り、ヘジンだということが明らかになる。ソユンはヘジンとソジョンに不思議な共通点があることに気付く。さらにそこにはアチアラの有力者ソ・チャンゴン(チョン・ソンモ)と美しい後妻ジスク(シン・ウンギョン)が深く関わっていた……。

Character

ハン・ソユン( ヘウォン中高英語教師 )

ヘウォン中学・高校の英語教師。幼い頃に事故で両親、姉を亡くす。
その後、カナダに住む祖母に引き取られ、現地で育つ。祖母の死後、自分も事故で死んだという内容の新聞記事の入った奇妙な手紙に導かれ、アチアラにやってくる。よそ者を嫌う田舎の村で、赴任早々、謎の死体を発見してしまい、人々の注目を浴びてしまうことになる。

ムン・グニョン

「秋の童話」(2000)で天才子役としてブレイク。国民の妹と言われるほどの大人気に。その後、「シンデレラのお姉さん」(2010)で大人の女性として成長した姿を見せた。「メリは外泊中」(2010)ではチャン・グンソクと共演。演技派女優として着実に実力をつけている。主な出演作は「清潭洞 <チョンダムドン>アリス」(2012)、「火の女神ジョンイ」(2013)など。

キム・ヘジン( 絵画教室講師 )

絵画教室の講師。ヘウォン鉄鋼の会長ソ・チャンゴンと不倫関係にあり、それを知ったチャンゴンの妻ジスクとつかみ合いの激しいケンカを展開する。その後、住んでいた部屋の荷物もそのままに、突然姿を消してしまう。よそ者の失踪に関心を示さない村人たちのなかで、ジスクの娘、ユナだけが彼女の行方について、心を痛めていた。

チャン・ヒジン

ファッション雑誌の表紙モデルとしてデビュー。第2のチョン・ジヒョンと呼ばれ、注目を集める。その後、シットコム、バラエティを経てドラマ、映画へ。「いとしのソヨン」(2012)、「魔女宝鑑」(2016)などで存在感を見せている。「暴力サークル」(2006)、「この世の果て」 (2014)など、映画でも実力を発揮。

パク・ウジェ( アチアラ派出所警察官 )

アチアラ派出所勤務の警察官。事件らしい事件もない田舎の派出所で、住民たちの便利屋のような仕事ばかりしていたが、ソユンが死体を発見したことで、やっと警察らしい仕事ができると大張り切り。勝手な推理を展開して先輩を呆れさせたりもするが、持ち前の粘り強さでソユンとともにアチアラの秘密を暴いていく。

ユク・ソンジェ

K-POPグループ「BTOB」のメンバーとして2012年にデビュー。ドラマ、バラエティなど多方面に活躍中で、「応答せよ1994」(2013)、「ナイン・ジンクス・ボーイズ~九厄少年~」(2014)などで演技ドルとの異名を取った。

ソ・ギヒョン( ヘウォン中高理事 )

ソ・チャンゴンの息子。ヘウォン鉄鋼の常務。ヘウォン中学・高校の理事長に就任。ジスクを本当の母のように慕う。姉のことを調べるソユンを手助けするうち、彼女がアチアラにやってきたのは偶然ではないと気付く。

オン・ジュワン

本名ソン・ジョンシク。ダンサーを目指していたが、映画「僕らのバレエ教室」(2004)で注目され、主演を務めた「ピーターパンの公式」(2005)で第27回ダーバン国際映画祭主演男優賞受賞。2013年、「ザ・ファイブ-選ばれた復讐者-」で演じた殺人鬼役が映画業界に衝撃を与え、同年ドラマ「剣と花」で視聴者の話題をさらう。

ユン・ジスク

ソ・チャンゴンの後妻。ガラス工芸家であり、ヘウォン・ギャラリーの館長。姑から冷遇されており、後妻としての座を守るため、息子を産みたいと願っているが、夫は協力的とはいえない。知的で美しい妻、献身的な母だが時々恐ろしく冷たい一面も。

シン・ウンギョン

清涼飲料水のモデルコンテスト出演がきっかけで芸能界デビュー。ドラマ「総合病院」(1994)で注目され、2001年の映画「花嫁はギャングスター」でブレイク。コメディからシリアスまでなんでもこなせる演技派。

ソ・ユナ( ヘウォン中生徒 )

チャンゴンとジスク夫妻の娘。ヘウォン中学2年生。ソユンが担任を務めるクラスの生徒。
‘死'を見る能力があるために祖母から忌み嫌われている。姉のように慕っていたヘジンの失踪が母ジスクとのケンカのせいだと思い込み、母に反発している。

アン・ソヒョン

2008年「恋愛結婚」でデビュー以来、人気子役としてさまざまな作品に出演。「天上の花園」(2011)、「一途なタンポポちゃん」(2014)の演技が話題に。映画「ハウスメイド」(2010)では子役とは思えない迫真の演技を見せた。

ソ・チャンゴン(ヘウォン鉄鋼会長)

ヘウォン鉄鋼の会長であり、アチアラの権力者。道議員。道知事選出馬を狙っているが、死体騒ぎで平和だったアチアラに波風が立つことを恐れている。

チョン・ソンモ

1982年MBC公式採用タレント15期としてデビュー。「砂時計」(1995)、「裸足の青春」(1998)などの話題作に次々に出演。「王と妃」(1998)、「張禧嬪-チャン・ヒビン」(2002)、「風の国」(2008)、「武神」(2012)など時代劇でも存在感を示している。

カン・ピルソン(お嬢)

女装癖を持ち、人々から変態扱いされている。ヒジンの写真や動画を大量に隠し持つ怪しげな男。

チェ・ジェウン

ミュージカル「地下鉄1号線」(2003)でデビュー。その後も「ネバーエンディングストーリー」(2006)、「光化門恋歌」(2012)などミュージカルの舞台で活躍。「大風水」(2012)、「王(ワン)家の家族たち」(2013)、「未生-ミセン-」(2014)などのドラマでも着実に実力を見せている。

カン・ジュヒ

ジスクの妹。薬剤師。姉ばかりかわいがる母を憎み、ジスクにもその憎しみを向ける。年下の美術教師、ナム・ゴヌに尽くす。

チャン・ソヨン

2001年の映画「子猫をお願い」以来、「トガニ 幼き瞳の告発」(2011)、「ベテラン」(2015)など、映画界で活躍。ドラマは「白い巨塔」(2007)、「トンイ」(2010)、「妻の資格」(2012)、「密会」(2014)など。

ナム・ゴヌ( ヘウォン中高美術教師 )

ヘウォン中学・高校の美術教師。ガヨンに付きまとわれているが、実は彼女のことを親身になって心配している。

パク・ウンソク

ソウル芸術大学放送芸能科卒。7歳でアメリカに移住するが、俳優を志望して2005年に帰国。舞台でも活躍。「ATHENA‐アテナ-」(2010)、「お願い、キャプテン」(2012)、「もう一度ハッピーエンディング」(2016)

ガヨン( ヘウォン高生徒 )

ヘウォン高校3年生。勉強嫌いな不良少女だが、ゴヌに恋している。ヘウォン鉄鋼に就職するためにユナに近づく。

イ・ヨルム

母は女優のユン・ヨンジュ。2013年に「もうこれ以上我慢できない」でデビュー。「家族を守れ」(2015)「モンスター」(2016)

バウ

自閉症を持つ少年。ユナの唯一の友達で、ヘジンにも懐いていた。ユナ、ヘジンと3人でタイムカプセルを埋める。ジュヒが調剤した薬を定期的に服用。

チェ・ウォノン

2006年「愛も憎しみも~妻と愛人の間で~」でデビュー。「イ・サン」(2007)、「エデンの東」(2008)、「マイプリンセス」(2011)、「屋根部屋のプリンス」(2012)など大人気ドラマに子役として出演。

Product

sell

2016年12月12日コンプリートDVD-BOX

【特典映像】(67分収録)
メイキング/制作発表会/台本読み合わせ
【封入特典】12ページカラーブックレット

PCBP-62227/¥24,000(本体)+税/全16話・DISC8枚組

カートに入れる

カートをみる

ご利用方法はこちら

Rental(各巻2話 / 全16話収録)

2016年11月2日   第1巻~第4巻

PCBP.73581〜4/日本語字幕/各巻2話収録

2016年12月2日   第5巻~第8巻

PCBP.73585〜8/日本語字幕/各巻2話収録

トップへ戻る